初心者が日本酒を買う時の3つのポイント

きき酒師 あっきーです。

今後、毎週土曜日にお酒の知識についてまとめていきます。
初回のテーマは、「初心者が日本酒を買う時の3つのポイント」をご紹介します。

お店選びで日本酒の味は大きく変わってきます。
適切に管理されたお店で、おいしい日本酒を購入したいです。

ポイントは3つです。
1. 買うお店
2. 買う商品
3. 飲み方

それぞれのポイントごとの解説を以下にまとめます。

■ 1. 買うお店


初心者にお勧めなお店は、百貨店の酒売り場です。
一般の酒屋よりも管理ルールが厳格に定められており、状態がよいです。
値段もプレミア価格はなく、適正な値段で売ってあります。
スタッフの方々も、一般の方に分かりやすくアドバイスいただけます。

■ 2. 買う商品


初心者にオススメのお酒は、「純米吟醸(じゅんまいぎんじょう)の生酒(なまざけ)」です。
香り高くフレッシュなお酒が多く、初心者に好まれます。

サイズは720ml(四合瓶/しごうびん)、価格は1500円以下(1,200~1,500円程度)で十分です。
安くてもおいしいお酒は沢山あります。

たくさんあってどれを選べば分からないときは、店員さんに相談するとよいです。
買ったお酒は冷蔵庫で保存しましょう。

■ 3. 飲み方


ワイングラスで飲むと香りが引き立ってよいです。
出来れば、ワイングラスを2つ用意して、それぞれに注いで飲んでみてください。
1つは冷たい状態で楽しむ、もう1つは1杯目を飲み終わるまでそのままにしておいて、
すこし温度が高まった状態で楽しんでみてください。
そうする事で温度の違いによって旨味や香りが変わる事を楽しめます!

—–

私も最初は純米吟醸などの香りの高いお酒から日本酒を飲み始めました。
飲みやすいお酒から入門し、幅を広げることで徐々にお酒の知識もついていきます。
ぜひ、「純米吟醸 生酒」からお楽しみください!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください