自宅でおいしいハイボールの作り方-3つのポイント-

きき酒師 あっき~です。

夏になったらハイボールがおいしい季節です!
ハイボールはウイスキーと炭酸水を混ぜた飲み物です。

簡単に作れますし、自分の好みの濃さで飲みたいなら自宅で飲むのがオススメです!
今回は、自宅で飲む際においしくハイボールを飲む方法をお伝えします!

今回のテーマは、「自宅でおいしいハイボールの作り方-3つのポイント-」をご紹介します。

■ ウイスキーをボトルごと冷やす


ウイスキーはアルコール度数が40度ほどあるので、凍りません。
キンキンにウイスキーを冷やすことで、氷を使わずハイボールを楽しめます。
氷がないとハイボールが薄くならず、おいしい状態で最後まで楽しめます。

■ 強炭酸を使う


炭酸は出来る限り強いほうがよいです。炭酸を必要分入れて、その上からウイスキーを注ぎますが、
注いだ瞬間に炭酸が大分飛びます。炭酸を注いだ後にウイスキーを入れることで全体的に混ざった状態になります。
ほとんど混ぜなくてもおいしく楽しめます。ステアするなら一回静かにまわすくらいで。

■ 保温できるグラスを使う


サーモスのような保温できるグラスがよいです。冷たい状態を維持してとてもおいしく飲めます!

個人的に使っててお勧めなのはこちらのタンブラーです。

サイズも程よく、小さめなので洗いやすくてよいです!
冷たい飲み物はもちろん、温かい飲み物でも保温してくれて夏も冬も有効に活用できます。

—–

この3つのポイントを抑えることで自宅でもとてもおいしいハイボールが楽しめますので、
ぜひお試しください!
個人的に安くてうまいと思うのは角瓶なので、こちらもお試しください!

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください