ミシオネス デ レンゴ カベルネ・ソーヴィニヨン 2017(チリ/セントラルバレー)

あっきーです。

先日こちらのお酒を頂きました。

■ ミシオネス デ レンゴ カベルネソーヴィニヨン 2017(チリ/セントラルバレー)


色は紫がかった濃いルビー。
香りはブルーベリー、ブラックチェリー、クローブのよう。
酸味はまろやかで、果実味は豊かです。
タンニンはなめらかで、コクがしっかりとした味わいです。後味で、渋みがじわっと広がります。

成熟度が豊かで、フルーティーなワインです。
開けて1日経った方が美味しかったので、デキャンタージュは少し早めにすると良いです。
グラスは大振りで、温度は13〜15度くらい。

■詳細

醸造場所 チリ/セントラルバレー
醸造元 ミシオネス デ レンゴ
醸造年度 2017
種類 カベルネソーヴィニヨン
価格 750ml 1100円位(税込)
URL 白鶴 HP

■評価
価格:★★★★
味:☆☆☆★
(評価基準はお酒のレビューをごらんください。)
ベリー系のソースを使ったお肉などと合いそうです!
ローストビーフなども良いでしょう。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください